あんどうまりの出逢いに感謝♪
出逢いをライフワークとして生きているあんどうまりの日々の出来事や思いをつづっています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
支援人材に求められるもの
先日、応援センターの全国フォーラムで東京に行ってきました。
西岡塾の西岡社長による基調講演や、優秀事例の表彰、パネルディスカッションが行われました。
その中では、コーディネーターや支援員のあるべき姿を厳しく指摘されてました。


支援員に必要な5つの要素


①対話力
 経営者等が相談しやすい状況を作ることができる(施設環境、人材、情報発信等)。
 相手の発言を柔らかくコントロールしながら、相手のニーズや問題意識の明確化を図るコミュニケーション(orコーチング)ができる。


②診断力
 経営者の言う「課題」を尊重しつつも鵜呑みにすることなく、支援先企業が置かれた状況を客観的に分析することで、真の課題を解きほぐすことができる。
 課題間の関係を明確にし(=課題の構造化)、その中で優先的にフォーカスしていくべき領域を見極めることが出来る。


③構想力
 支援先企業の全体を見ながら、当該課題を解決できる方策を提案できる。
 その方策を経営者等が理解できるように説明し、納得を得ることができる。


④編集力
 国内外の緊密なネットワークを活用し、常に新鮮な情報を把握し、その中から支援先企業の問題解決につながる情報を適宜見繕うことが出来る。
 様々な分野の専門家、事業者のネットワークを有し、支援先の課題解決に資する人材等を紹介することができる。


⑤突破力
 小さくてもよいので、出来る限り早く、目に見える成果を出すことで関係者に確信をもたせる。
 経営者の迷いを理解しつつも、タイミングよく背中を押してあげる。


これは、企業支援だけでなく、人材派遣や人材育成のような人材支援でも同じことが言えます。


事業仕分けにあった応援センターですが、今年度残り少ない期間、できる限り務めようと思います。
[2010/12/17 23:55] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<職人 | ホーム | 複眼思考のすすめ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
前のページ 次のページ
プロフィール

あんどうまり

Author:あんどうまり
2001年に企業と人を応援する会社トライフィットを設立しました。人をライフワークとして、すべての出逢いに感謝しています。
2010年度岐阜県中小企業応援センターのコーディネーター、2011年度中小企業支援強化ネットワークのアドバイザーとして、中小企業をもっと元気にするお手伝いをしています。
2011年4月、日本の少子化対策を目的とした活動をする一般社団法人を設立。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

twitter

andomariをフォローしまそ

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。